人物

多田洋祐は妻も社長で子供は2人!「ダウン症の次女のため社長でも1か月の育休取得」

人物

転職エージェントでおなじみのビズリーチ社長である多田洋祐さんが、2022年7月2日、急性心不全でお亡くなりになられていることがわかりました。享年40歳という若さでの早すぎる訃報に、妻や子供など、残されたご家族について調査しました。

多田洋祐の妻は藤森暁子で44歳の姉さん女房!「VIO脱毛サロンを経営する社長」

ビズリーチ社長の多田洋祐さんの妻は、ファンクスウェア株式会社の代表取締役社長をされている藤森暁子さんです。

ファンクスウェア株式会社は、VIO脱毛専用サロン「PULITO」を東京に3店舗・横浜と大宮に各1店舗を展開するほか、化粧品の開発・販売、情報サイトの運営など、女性のデリケートゾーンの悩みに特化した事業展開をしている会社。

社長の藤森暁子さんは、新卒だった22歳の時に、正社員として入社し、サロン勤務を経て、店長・マネージャー・広報・事業本部長を歴任した叩き上げの人物です。2017年に、ファンスクウェア株式会社の社長に就任しています。

  • 2000年 ファンクスウェア株式会社入社
  • サロン勤務、店長、マネージャー、広報、事業本部長を歴任
  • 2017年 ファンスクウェア株式会社社長に就任

藤森暁子さんが社長に就任してから3年後の2020年には、ファンスクウェア株式会社は、美容経済新聞社が発行するエステティック通信にて、2020年3月に美容業界を牽引する成長企業34社に選出されるなど、夫の多田洋祐さんに劣らない活躍をされています。

そんなキャリアウーマンの藤森暁子さんですが、現在年齢は44歳。夫の多田洋祐さんとは2013年8月17日に結婚され、多田洋祐さんよりも4歳年上の姉さん女房です。2人の娘を持つワーキングマザーでもあります。
次女の誕生日の翌日には以下のようなコメントをInstagramに投稿されています。

いつも私の仕事を応援してくれて的確なアドバイスをくれる旦那さんにもこの場をお借りしてお礼をお伝えしておきます。
夫の多田洋祐さんは、妻の藤森暁子さんの藤森暁子さん仕事について、応援していたことがわかりますし、助言までしてくれていたようです。

管理人の知り合いにもお互い社長の夫婦がいますが、仲があまり良くなく、お互いの仕事については一切口出ししないようにしていると言います。夫側の言い分としては、改善点を指摘してあげているだけなのに、妻は聞く耳を持たない、妻側の言い分としては、状況もろくに聞きもしないくせに、意見を押し付けてくる、という感じですね。

お互いにプライドを持って仕事をしているので、譲れないものがあるようです。一方で、多田洋祐さんと藤森暁子さん夫婦は、夫からのアドバイスにとても感謝しているので、夫婦関係は良好で、妻が夫を尊敬していることも伝わってきます。

 

そして、夫の多田洋祐さんも、先に社長になった妻からの助言に支えられていたようです。

社長という役割としては先輩でして、事あるごとに金言をもらってます。

多田洋祐さんが社長として成功された陰には、妻の藤森暁子さんの支えがあってこそだったようです。妻としても、夫を出世させていて優秀ですよね。美人で、仕事もできて、自慢の妻だったのではないでしょうか。

多田洋祐の子供は娘が2人!「次女はダウン症」

多田洋祐さんの子供は、8歳(小学校3年生)と2歳の娘さんが2人いらっしゃり、2019年12月30日に生まれた次女は、ダウン症候群(21トリソミー)であることが公表されています。

お父さんと映る娘さん達がとってもいい笑顔で、お父さんが大好きなことが伝わってきます。多田洋祐さんはプライベートでは、とっても素敵なパパであったことが伺えます。

長女は気遣いのできる優しい子

多田洋祐さんの現在8歳になる長女ですが、数々のエピソードから、家族思いで気遣いのできるとても優しい子であることがわかります。

元気がないママへ、娘が髪の毛を洗ってくれました。
マッサージをして、髪の毛を乾かして、最後は音読のコンサートを開催してくれました。。
泣ける。

元気のないお母さんを励まそうと、一生懸命な長女の姿が伝わってきます。お母さんのことも大好きなことがわかりますよね。お母さんだけでなく、お父さんには父の日にカレーを作ったり、感謝の手紙を書いて渡したり、妹が生まれたばかりの頃は、大変な父親の手助けになればと、食器を洗うお手伝いも率先してやっています。

家族のために、何か手伝えることはないか、いつも考えているのでしょう。本当に気遣いのできる心優しい長女であることがわかります。さらに、妹のことも、とっても可愛がっているようです。

今日買ってきたダウン症の子について書かれた絵本「あいちゃんのひみつ」。長女が次女と僕に寝る前に音読してくれた。読み終わって電気を消したら、うとうとしてる次女の背中を長女がトントンしてて、何だか色んな感情が込み上げてきて暗闇でバレないようにパパは号泣してたよ。お姉ちゃんありがとう。

長女の優しい姿にキュンとします。妹が生まれ、お父さんとお母さんは妹のお世話ばかりで、寂しい思いをしたこともあったでしょう。それでも妹を大切にし、可愛がっていて、本当に良いお子さんです。こんなふうに育ったのも、多田洋祐さんと藤森暁子さんのお子さんだからなのでしょうね。

次女は家族を明るくしてくれる天使!「すみれちゃん」

ダウン症の次女は、現在2歳。保育園に通っており、お名前は「すみれ」ちゃんであることがわかっています。

保育園グッズの画像には、茶色いブランケットに「すみれ」と名入れしてあることがわかります。母親の藤森暁子さんが「名前書きが大変」とコメントもしているので、次女のお名前で間違いなさそうです。さらにインスタには「ご機嫌すーちゃん」と記された可愛らしい画像もありました。

本当に素敵な笑顔ですよね!父親の多田洋祐さんも、次女のことを「家族を明るくしてくれる天使のような存在」と語っています。

毎日家族を明るくしてくれているのは間違いなく次女の存在があるからです。
いつもニコニコ愛嬌を振りまいてくれる天使ちゃん
生まれてきてくれてありがとう
これからもゆっくり元気に育っていってね。
それがあなたの個性なのですから。

見ているこちらまでニコニコしてしまうような笑顔が本当に可愛いですよね。長女のお姉ちゃんのことが大好きで、初めて名前を呼んだのもお姉ちゃんだったそうです。初めて手づかみで食べた日には、家族みんなで拍手喝采だったそう。

次女は、発作で入院することもあり、ダウン症という大変な境遇でありながらも、素敵なお父さん、お母さん、お姉ちゃんに囲まれ、愛情をいっぱい注がれながら、笑顔いっぱい、幸せいっぱいに育っていることがわかりますよね。

多田洋祐はイクメンパパ!「社長でも1か月の育休取得」

ビズリーチ社長の多田洋祐さんは、次女が誕生後、社長でありながら育児休暇を1か月も取得しています。しかも、その時は代表取締役社長に就任した直後のこと。育休を明けて仕事に復帰した妻の代わりに、平日の日中は1人で子ども達の面倒をみていたそうです。洗濯や食事の支度、次女の寝かしつけなど、全部やっていたのだとか!

ここまでイクメンになれたのは、やはり次女がダウン症だったことが大きかったそうで、実際に、長女が誕生した時には、あまり育児には参加していなかったそうです。妻がワンオペで面倒をみることが多く、たまに面倒を買って出ても、2時間が限度で、すぐに帰って来てほしいと妻にSOSの電話をしたという、新米パパさんならではのエピソードもインタビューで披露されていました。

そんな多田洋祐さんですが、次女の育休取得時に、パパ歴6年目にして、ほっこりする初の快挙を成し遂げられています!

育児休暇21日目。次女を毎日数度胸に乗せてうつ伏せ抱っこをしながら寝かせていたらお気に召したようで。ママが抱っこしても泣いていたのにパパのいつもの抱っこになったら笑顔で泣き止んだ。ママが「パパの抱っこの方が良いのね」と可愛く拗ねてたw
子育て6年で初の快挙と言える。

とっても可愛らしいエピソードですよね!夫婦仲もとっても仲良しなことが伺えます。なにより、育休中、多田洋祐さんが一生懸命に子供のお世話をしていたことが裏付けられます。それ以外にも、長女からは誕生日に「一緒にいてくれてありがとう」「おいしいご飯ありがとう」と記された手紙をもらうなど、子供たちからも大人気です。

経営者としてだけでなく、父親としても本当に素晴らしく、立派な方ということがわかります。大好きなお父さんを突然亡くしてしまった娘さんたちのことを想うと、心が痛みます。

多田洋祐の経歴「人生のミッションは障害児支援」

多田洋祐さんの経歴を振り返ります。

名前:多田洋祐
生年月日:1982年6月15日
年齢:40歳
職業:ビズリーチ代表取締役社長
学歴:中央大学法学部卒業

  • 2006年3月:中央大学法学部卒業
  • 2006年4月:株式会社プレアデス設立し、代表取締役に就任
  • 2012年:ビズリーチに参画し、後に事業部長に就任
  • 2015年:取締役に就任し、人事本部長、スタンバイ事業本部長、RHTeachカンパニー長を歴任
  • 2020年2月:ビズリーチ代表取締役社長に就任

多田洋祐さんは、2006年に中央大学法学部を卒業されると、エグゼクティブ層に特化したヘッドハンティングファーム「株式会社プレアデス」を創業しています。そして、その6年後にビズリーチに入社し、後に事業部長に就任。入社から、わずか3年で取締役まで登り詰め、2020年には社長に就任されています。

2012年7月期のビズリーチの売上高は7億円だったのに対し、2022年7月期には売上高は436億円、営業利益80億円の見込みと、10年間で約60倍にまで急成長させており、経歴が素晴らしいだけでなく、相当デキる人材であったことは間違いないでしょう。

妻の藤森暁子さんとはビズリーチに転職後の2013年に結婚し、長女は現在8歳なので、取締役になる前の2014年頃に誕生、次女は社長就任目前の2019年12月に誕生しています。

 

多田洋祐さんは、「次女がうまれてきてくれたことで、人生の景色が変わった。自分が無意識にかけていた色メガネを、次女が外してくれた」とインタビューの中で語っています。そして、障がいを持つ子の可能性を広げていくことにも関わっていきたいと、人生のミッションを掲げており、社会貢献にも熱心でした。

優秀で、素晴らしい人柄の多田洋祐さんの早すぎる訃報に、本当に残念でなりません。

多田洋祐の訃報概要

死去の経緯として「7月2日に高校時代のご友人と出かけたゴルフのプレー中、突然倒れ、そのまま帰らぬ人となりました。前日まで、いつもと何ら変わりがない1日を過ごし、社内外の会議に出席しておりました」と説明。「ご家族によれば、多田さんは生まれつき心臓に持病があったそうです。猛暑の中、長時間屋外で過ごしたことが、知らず知らずのうちに体に負担をかけていたのかも知れません」と心臓に持病があったと明かした。

Yahooニュース

  • 7月2日に急性心不全で亡くなる
  • 高校時代の友人とのゴルフのプレー中だった
  • 生まれつきの心臓の持病があった
  • 前日までは元気にすごしていた

何の前触れもなく、突然亡くなってしまったことがわかります。残されたご家族を思うと、心が痛みます。2人の娘さんには、元気に強く育っていって欲しいと願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました