事件

小野優陽(ゆうは)父親のTwitter特定!愛娘への愛を語るも「再婚して妻子持ちか」

事件

大阪府富田林市で、同居する祖母一家から、自宅に一人置き去りにされて、熱中症のため短い生涯を終えた小野優陽ちゃん。別居中の父親のTwitterアカウントが特定され、両親の顔画像や名前が判明しました。

小野優陽(ゆうは)父親のTwitterアカウント名は本名!

小野優陽ちゃんの父親のTwitterアカウントはこちらです。

優陽ちゃんぱぱです 優陽ちゃんが大好きです ただの親バカです シングルパパ

アカウント名はおそらく本名で登録されており、自己紹介には「シングルパパ」とあるので、優陽ちゃんの母親とは既に離婚済みということがわかります。アイコンには、優陽ちゃんとの2ショット画像が使われたり、投稿内容も優陽ちゃんのことがたくさんかかれていて、娘へ溢れんばかりの愛情を注いでいたことがわかります。

そして、今なお、優陽ちゃんが誕生したことを報告する喜びの投稿が、ツイートの先頭にピン止めされたままになっており、産んでくれた優陽ちゃんの母親への感謝と、父親として頑張っていく決意表明がしるされていました。

令和元年7月〇日
元気な赤ちゃん 誕生しました。
名前は優陽ちゃん♡
ゆうはって読みます‼
もーまじでかわいいし、俺にクッソ似てるねん笑
(優陽ちゃん母親名)ちゃん、ほんまにお疲れ様
元気な女の子を産んでくれてほんまにありがとう
これからも一生君たち2人を守り続けます
もーかわいすぎて、かわいすぎて。

優陽ちゃんはを大切そうに抱きかかえる姿は、父親そのものですし、自分に似てるとコメントしているところも、いとおしくて仕方ない気持ちが、文面からダダ洩れています。優陽ちゃんは、愛されて、望まれて生まれきたことがわかります。

 

愛娘が可愛すぎて死にそうになる
ずっとパパママって
こんなパパやけど優陽の為ならなんでもできるし、強くなれるよ
パパがなにがあっても守るから。
それが親としての責任であってプライド‼
口だけで行動に移さんのは親じゃなくてもできること、親にしかできひん
愛情を死ぬまで俺はこの子に注ぐ

優陽ちゃんとのお散歩を楽しみにしていたことや、手作りの離乳食も頑張って作っていたこと、お風呂に入れているところやお出掛けの写真など、父親はたくさんの写真やつぶやきと共に、優陽ちゃんを一生懸命に守って育てていく決意を、何度も何度も投稿しています。

間違いなく、優陽ちゃんは愛情を注がれていたことがわかりますし、父親は、不器用ながらも、自分を奮い立たせ、必死に頑張っているように感じられました。

小野優陽(ゆうは)父親のTwitterに家族写真

優陽ちゃんの母親も映っている仲睦まじい家族写真の投稿もありました。

優陽ちゃん母親は、明るめの髪色に染めていて、第一印象は”いまどきな感じ”。メイクも髪型もバッチリで、オシャレですし、目も大きくて可愛らしく、とてもモテたのではないでしょうか。おそらくプリクラなどの加工した画像ではあるのですが、子育ての疲れなどは微塵も感じられない仕上がりです。

母親になると、子供が第一優先になるので、自分のことなどなりふり構わなくなってくることが多いですが、優陽ちゃんの母親はどうやら違ったようですね。

追記:届かなかった優陽ちゃん母親への想い「この先の未来も3人で」

優陽ちゃんの母親に対し、2020年1月にDVをしてしまった父親ですが、Twitterには、また親子3人の暮らしができるように頑張ろうとする父親の姿がありました。しかし一方で、優陽ちゃんの母親の裏切りに合っていたことを匂わす投稿がたくさんあり、家族が元通りになることがなかったことが示されています。

何があったのか、時系列に見ていきます。

2020年2月3日
俺はこの先の未来も家族3人でしか考えてないし、そう思てる
今後一緒におるにはどうしていくかが大事やと俺は思う

2月3日の時点では、優陽ちゃんや母親と、もう一度家族3人で暮らす未来を考え、そのための決意をしていることがわかります。

 

2020年2月8日
因果応報って言う言葉があるように、自分のした事は絶対に返ってくる。
今がそれなんだろうな、俺の中では。努力は無駄じゃねー

2月8日には、因果応報という言葉を使い、DVをした事への反省ととれる投稿をしています。反省しつつも、努力で信頼を取り戻そうと、前向きな気持ちでの投稿となっています。

 

ここまで、家族が元通りになるよう前向きな投稿をしていた優陽ちゃんの父親ですが、2月11日から様子が変わります。

2月11日
結局1番は自分ってやつが多すぎる
自分の自由のために、自分と同じ血が通ってる子供を、簡単に捨てれるんやもんな。

さらに、2月19日には下記のような投稿も。

2月19日
全部ばればれ、今日も。
まぁ隠してるつもりもないやろうな。
正直毎日普通に傷ついてる。。

読み取れることは、優陽ちゃんの母親は、家族3人での元の暮らしに戻る気持ちがなく、優陽ちゃんも置いていこうとしていること。そして、浮気までしていることではないでしょうか。DVのことなどを男友達に相談しているうちに、男女の仲になってしまったのかもしれません。隠していないことからも、この時すでに、母親の意思は固いのでしょう。

 

3月7日
自分のことなんかおいといて、子供の将来考えて欲しい。ほんまにそれだけ。

3月7日には、優陽ちゃんのために、自分の幸せではなく、3人での暮らしを選んで欲しいと懇願しているような投稿も見られました。まだ僅かながら、修復への希望があったのかもしれません。

しかし、最終的に5月4日の時点で、決着が着いたようで、以下のような書き込みをしています。

5月4日
自分の人生の全てが自分中心で、自分1番なやつは子供つくんな、産むな。
そんな無責任な親に子育てする資格なんかないわ
どんな最低な親でも、自分の大事な人守れたら、とりあえずいいと思うのは俺だけかな
なんせ自分と自分の子供を天秤にかけて自分が勝つような奴に親は務まらんよ
朝からごめんなさい
これ以降も批判する内容のツイートは度々されており、優陽ちゃんの母親に対する怒りが感じられました。もう一度、親子3人での暮らしを懇願していた優陽ちゃんの父親ですが、母親の心変わりによって、叶えられることはありませんでした。

追記:小野優陽(ゆうは)母親の反論「父親が財力で無理やり引き取った」

優陽ちゃんの父親のTwitterアカウントが特定され、優陽ちゃんを見捨てたと思われていた母親ですが、実は母親も優陽ちゃんを引き取りたかったということが、母親の知人と思われる方から書き込まれています。

父親側が無理矢理にでも引き取ったのに。

父親側の人達が内縁の夫の財力などがあり、引き取りたいと言ってもわたしてくれなかった。
父親も父親で最初の方は俺が頑張るとか、みんなに言うてTwitterとかInstagramとかに載せてたみたいですけど、実際は祖母に預けっぱなしでみいも行かず、

でも、母親には毎日ゆうはちゃんに会いに行ってるって説明してたみたいですよ。

この発言をしているTwitterアカウントは、2022年7月に新しく作られたもので、今回の優陽ちゃんの事件についてのみ投稿されていることから、母親側の知り合いが反論のために作ったものとみられます。

小野優陽(ゆうは)父親の娘へのメッセージ全文!「愛してるよ」

小野優陽ちゃんの父親は、2020年2月12日に以下のような投稿をしています。

これが俺の1人の親として 娘に対しての全ての気持ち
ゆうはちゃん愛してるよ!
世界でたった1人の愛娘へ

この投稿は、DV騒動のあと、母親の裏切りが発覚した直後に投稿されたものです。添えられた画像には、携帯のメモアプリに記された、長文にわたる愛娘への気持ちや覚悟が綴られていました。

男で1人で子育てしてたら凄い?
女やろうが男やろうが一人で育てていくのは大変やし、それは男やからとか、女やからとか絶対関係ない。子供ができていろんなことあって、お互い腹括って覚悟決めたのに、どんな理由があろうが子供手放したりできるわけないやん。
自分の子供には変わりないねんから。
だからそこは、男やからとか絶対関係ないし、理由とかで手放したりできるなら、それだけの子供のこと、第一に考えてないってことやと思う。
自分の子は何歳になっても自分の子やねんから、そこに何年おったからとか、何ヶ月おったからとか、年月は大事かもしれへんけど、親は子供を幸せにしてあげる義務がある。
ほんまにこれだけは思う。だから色々なことみんなあると思うけど、言い訳とか理由を言っても子供を見捨てたことには変わりないことだけは事実。今まで大事にしてきたからとか、今まで1人でしてきたからって言う人でも、今その場に子供といなければ、それも言い訳になると思う
だって10年一人で見てたから、あとは手放していいとかじゃないやん、それと同じやん。
それが自分の子供なんやと思う。

ここまでの部分で読み取れるのは、下記の内容です。

  • どんなことがあっても、自分は優陽ちゃんを手放さない
  • どんな理由があっても、今一緒にいないのだから、子供を見捨てたことに変わりはない

優陽ちゃんの母親に向けて、批判をしているようにとらえられるのではないでしょうか。

 

俺は正直今まで悪いこともしてきたし、賭博もするし、夜も遊びに行って帰りが夜中になる日もあったし、家の手伝いもそこまでしやんし、育児も嫁にほとんど任せっきりで、仕事も真面目に行かんかったりもしてた。
批判はあびて当たり前やと思う。

それでも今、俺は正直綺麗事言ってるけど、今子供のために、今もこれからも、ずっとそばで成長を見届けるし、幸せにするし、愛情を与え続ける
それがほんまに自分の子供のためやと思うから。
今までの失敗とかを糧にしていって、これから先成長していく娘に見せていくために。

子供のためって言うのは、自分の感情で決めるもんじゃないし、言葉では何とでも言える。
自分が経験してきた辛さとか、しんどさを与えるもんじゃないからこそ、自分の苦労や後悔や辛さを、絶対に自分の子供にはさせたらあかんよね。

確かに過去は変えられんし、俺のしてきたことは許されへんこと。
それでも、自分の子供は毎日成長していくし、物心もついてくる。
過去にとらわれてるだけやったら、何も成長せーへんから、過去は過去、今こうやって子供のためを思ってできてる自分を、どんな環境どんな状況になっても継続、向上させていく。

だからこそ、俺はこれからもゆうはちゃんのために一番そばで見守って、幸せにしていく。

2枚目で主張しているのは、以下の内容です。

  • 許されないことをしてしまったが、今自分は反省して改心できている
  • 自分が経験してきた辛さやしんどさを、自分の子供にさせたらいけない
  • 優陽ちゃんのそばで、これからもずっと見守って、幸せにしていく

「許されないこと」は、優陽ちゃんの目の前で母親に暴力をふるったことを差していると考えられます。また、「自分が経験してきた辛さやしんどさ」は、優陽ちゃんの父親自身も、親から虐待されて育ったことを意味している可能性があるのではないでしょうか。

 

みんな色々抱えながら苦労してるはず。
だからこそ思うことはいっぱいあるし、口に出したりする。でも色々抱えてる人とか、悩んでる人とかは、絶対に自分に厳しく強いはず。
人の価値を下げて、自分の価値をあげても、何の成長にも繋がれへんし、それは自分だけが自分の価値上がってると思う、自己満足なだけ。自分の意見をしっかり持たないとね。
子供に嘘ついても仕方ないもん。
子供のためっていうのは、ほんまに自分の意思を曲げずに、子供のことを第一に考えることやと思う。それを考えて、子供のためって思うなら、何があろうが気持ちは変わらんはずやし、中途半端なこともできひんし、楽な道とか自分だけ幸せな道進もうとは、思われへんはず
俺はそう思うな。
しんどい道、しんどい行動を選べるはず。

3枚目をまとめると以下の内容です。

  • 人の価値を下げて、自分の価値をあげても、自己満足なだけ
  • 意見を変えたり、自分だけの幸せを選んだり、中途半端なことをするのは、子供のためにならない

「人を悪く言って、自分を正当化しても、自己満足なだけで、子供の為になっていないし、周りから何を言われても、自分の意思をもって、自分はしんどくても、子供のためになる道を選んでいく。」という自分への意思表明にもとれますし、優陽ちゃんの母親に対してのメッセージにも受け取ることができそうです。

 

友人や家族に話すわけでもなく、一人こうして携帯のメモアプリに記したメッセージを見ると、優陽ちゃんの父親は孤独だったのかもしれません。絶対に裏切らない存在が優陽ちゃんだったのかもしれませんね。

既に優陽ちゃんは帰らぬ人になってしまっています。父親が一緒に居れば、結果は違っていたのではないでしょうか。この時の父親の決意は、どうして守られることがなかったのでしょうか。そして今、どこで何をしているのでしょうか。

小野優陽(ゆうは)父親は2021年2月以降消息不明「刑務所に服役か」

頻繁に投稿されていた小野優陽ちゃんの父親のTwitterですが、最終の投稿は2021年2月13日。それ以降は、現在まで投稿がストップしたままです。

最後の投稿から今日に至るまで、小野優陽ちゃんの父親に何があったのでしょうか。別居中と報道されていたことからも、生きていることは間違いなさそうですので、それ以外に物理的に優陽ちゃんを見守ることが出来なかった理由を考えると、刑務所に服役中という可能性が出てきました。

父親が刑務所に服役しているため、優陽ちゃんを見守ることができなくなり、小野真由美容疑者が優陽ちゃんの育児を全てしなくてはならなかったと考えると、矛盾がありません。実際に、父親は優陽ちゃんが生まれる前は、保護観察処分になるなど悪いこともしてきています。

2018年、優陽ちゃんが生まれるおよそ1年前には「保護観察所から出頭指示書」が届いています。それ以外にも、やんちゃをして中学の卒業式に出られなかったり、喧嘩や女遊びなど、荒れていたことは間違いありません。

それでも、優陽ちゃんが生まれ、更生して頑張る姿を見せていた父親なだけに、もし服役中が事実であるならば、残念でなりません。

追記:小野優陽(ゆうは)父親は再婚して妻子持ちか

優陽ちゃんの父親の現在について、新しい情報がありました。

優陽ちゃんの父親は再婚して子供がいるってテレビで見たよ

匿名の掲示板によると、優陽ちゃんの父親は既に再婚しており、優陽ちゃんとは別に子供までいると言う内容です。テレビで見たということですが、今のところ、そのようなニュースは確認できませんので、真相がわかり次第、追記したいと思います。

でも、もし事実だとすると、優陽ちゃんの父親は、優陽ちゃんを捨てたということになります。Twitterであんなに可愛がっていた我が子を、そんなにも簡単に手放せるものでしょうか。

 

追記:小野優陽(ゆうは)父親はWワークで一生懸命頑張るパパだった

小野優陽ちゃんの父親についての人となりをまとめていきます。

名前:小野〇〇
年齢:20歳
母 :小野真由美容疑者
父 :小野真由美容疑者の元夫(桃田容疑者は義理の父)
兄弟:5人兄弟の三男
嫁 :優陽ちゃん母親
子 :優陽ちゃん
学歴:中卒もしくは高校中退
職業:正社員とアルバイトをWワーク
前科:保護観察処分になった過去あり

優陽ちゃんの父親は、Twitterで、優陽ちゃんをお風呂に入れたり、離乳食を作ったり、遊びに連れて行ったりと、子煩悩なパパっぷりを見せています。また、仕事に対しても、優陽ちゃんが生まれてからは、サラリーマンとして正社員で働きながら、アルバイトのWワークをするなど、必死で稼いでいたことがわかっています。

家族のために、昼夜問わず必死に頑張っていた優陽ちゃんの父親が、なぜDVをしてしまったのか。母親との間に何があったのか。まだまだ疑問は残ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました